#FlattSecurityMagazine

セキュリティとプロダクト開発の今を伝えるメディア

セキュリティエンジニア

2023年のプロフェッショナルサービス事業部の成長を支えた2つの原動力

2019年の事業開始依頼、増収増益を続けるFlatt Securityのプロフェッショナルサービス事業。2023年の成長を支えた2つの要因について、事業部長である豊田が解説します。

各領域のスペシャリストが結集しDevSecOpsに取り組む日本経済新聞社のプロダクトセキュリティチーム【プロダクトセキュリティ組織の作り方 #3】

株式会社日本経済新聞社のプロダクトセキュリティ組織の取り組みについて、同社CDIO室セキュリティエンジニアの藤田尚宏さんにお話を伺いました。

ドラマ『トリリオンゲーム』第5話のリアルなハッキングシーンができるまで

ドラマ『トリリオンゲーム』5話のハッキングシーンの設定や、ドラマ・原作監修の流れについて、ドラマと原作両方の技術監修を担当するFlatt Securityが解説します。

『トリリオンゲーム』のリアルさを支えるストーリー作りの裏側【原作者・稲垣理一郎先生×技術監修・志賀遼太】

人気漫画『トリリオンゲーム』の原作者である稲垣理一郎先生と、技術監修者であるFlatt Securityの志賀遼太が、ストーリー作りや技術監修の裏側などについて語り合いました。

「セキュリティコンテストは本当にあるの?」「具体的な技術的設定は?」ドラマ『トリリオンゲーム』第1話 技術監修の裏側を解説します!

ドラマ『トリリオンゲーム』1話の元となった原作各シーンの技術的要素について、ドラマと原作両方の技術監修を担当するFlatt Securityが解説します。

人気漫画『トリリオンゲーム』はこうして描かれた!作画・池上遼一先生インタビュー

人気漫画『トリリオンゲーム』のドラマ化を記念し、原作の作画を務める池上遼一先生に、創作のモチベーションや『トリリオンゲーム』制作の裏話についてお話を伺いました。

初参加から3年で講師に!セキュリティ・ミニキャンプ in 東京2023登壇の舞台裏

「セキュリティ・ミニキャンプ in 東京2023」で講師を務めたセキュリティエンジニアのAzaraさんに、技術イベント・勉強会に登壇する理由やモチベーション、講師として工夫していることなどについてお話を伺いました。

メンバーは全員開発エンジニア経験者!ANDPADのセキュリティを守るチームが目指す未来【プロダクトセキュリティ組織の作り方 #2】

株式会社アンドパッドのプロダクトセキュリティ組織の取り組みについて、同社執行役員・開発本部長VPoE兼CSOの下司宜治さん、コーポレート本部 経営管理部 部長の青木勝則さんのお二人にお話を伺いました。

プレイドのプロダクトセキュリティを支える部門・職種横断のバーチャル組織「セキュリティ組」【プロダクトセキュリティ組織の作り方 #1】

株式会社プレイドのプロダクトセキュリティ組織の取り組みについて、同社セキュリティエンジニアの赤坂翔太さんにお話を伺いました。

情シスからセキュリティエンジニアになるには? みんなCVE取得してる?【セキュリティエンジニアだけど何か質問ある?】

Flatt SecurityのセキュリティエンジニアがTwitterで募集した質問に答える「セキュリティエンジニアだけど何か質問ある?」。今回は、キャリアパスに関する質問や、Flatt Securityでの働き方に関する質問にお答えします!

セキュリティエンジニアは楽しい? 儲かる? 一番印象に残っている脆弱性は?【セキュリティエンジニアだけど何か質問ある?】

Flatt SecurityのセキュリティエンジニアがTwitterで募集した質問に答える「セキュリティエンジニアだけど何か質問ある?」。今回は、セキュリティエンジニアという仕事にまつわる質問にお答えします!

なぜ今、オフラインの技術勉強会「Security․Tokyo」をCEO自ら企画したのか

2月22日に初開催された脆弱性勉強会「Security․Tokyo」。実は、Flatt Security 代表取締役CEOの井手自らが企画した勉強会です。なぜCEO自ら企画・運営に携わったのか。勉強会に込めた思いについて語ります。